本文へスキップ
HOME 相互ネットとは 活動報告 お知らせ 問い合わせ・アクセス 入会方法 リンク
警備業務内容
施設警備業務
 事務所、工場、住宅、興業場、遊園地等のおける盗難、負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務。
○常駐警備業務、巡回警備業務、及びこれらの組合せによる警備業務。
 1.常駐警備業務

 警備対象施設に1ヶ所以上の詰所を設け、警備員がここに常駐し、ここを拠点として、次のような種々の警備業務を行います。

①巡回による盗難、火災等の防止と発見
②商品搬入出のチェック
③人・車両の出入りの管理
④保安警備(万引き、スリ、置き引き等の盗難、事故等の監視業務

2.巡回警備業務

 警備対象施設に対し、昼間、夜間や無人時に不定期に、1回又は数回、警備員が巡回し、盗難、火災、事故等の防止、その早期発見にあたる。通常、警備対象施設までは車両(パトロールカー等)で行き、その後は警備員が内部又は外部を、刻時時計を刻時しながら点検する。「大協警備 警戒中」というシールを発付しておくことによる抑止効果又、いつ巡回が回ってくるかもしれないと思わせる心理的効果があります。
雑踏警備業務
 人若しくは車両の混雑する場所又はこれらの通行に危険のある場所における負傷者等の事故の発生を警戒し、防止する業務。
 1.祭礼、興業、イベント会場における場内の雑踏警備業務

 2.工事現場、建設現場、その他催し物会場周辺の交通の障害のなる場所又は通行に危険のある場所における交通
    誘導警備業務


警備業務内容

  • 施設警備業務
  • 雑踏警備業務